吃音・治療

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

吃音の治療の新しい方法~2つのアプローチの併用

※こちらの記事がまだの方は先にこちらからお読みください。

 
 

吃音改善に向けたアプローチは、これまでみてきたように、

 

●肉体的・発語的アプローチ

●心理的アプローチ

 

の二つのアプローチに集約されますが、具体的には、

 
 
1. うつ病や神経症などにかかっていないかの確認
→ 精神科、神経科、心療内科

2. 言語聴覚士による言語トレーニング(話し方トレーニング)
→ 耳鼻咽喉科・言語聴覚士(肉体的・発語的アプローチ)

3. 吃音に関係してあなたが過去に受け入れた不都合な認識の解消
→ 心理的アプローチ

 

の3つが必要となります。   1、2は近くの病院で診察を受けてください。

言語聴覚士がいる病院は各地域で限られていますが、
多少遠くても言語聴覚士の指導を受けることをお薦めします。
(言語聴覚士のいる病院リストは今月中にアップします。→ 2012年2月内)

 

 問題なのが、「3の心理的アプローチ」です。

 
吃音の心理的原因を突き止め、自分の中にある「不都合な真実」を
書き換えていくセラピーやカウンセリングもありますが、
費用が20万円以上するところが大半で、誰でも受けられる金額ではありません。

 

僕自身もやはり数十万を投じる余裕はありませんでした。   いろいろ探した結果、いくつかある教材の中で

 

心理的アプローチに特化した教材

 

があったのでご紹介します。

 
吃音に関する教材は、「なんだか怪しい雰囲気」のものが多く、
内容もいろいろなホームページで言われていることをまとめただけの
教材もありました。
 

「女性の名前を全面に題して売られている某教材」などは、
内容をみましたが
その典型でした。

 
いくつかある教材の中で、
 
実際に使ってみて効果があった教材
 
がひとつだけあったのでご紹介します。
 
 

この教材をおすすめする理由は、

 

1. 吃音の心理的原因を整理した上で、改善の方法が提案されている

2. 実際に使ってみて吃音改善効果が実感できた

3. 動画がついていて、トレーニング方法が理解しやすい

4. 作者にメールで質問ができる

5. 一定期間トレーニングをして効果がない場合は全額返金保証がある

 

です。

市販されている本や教材は一通り購入して、自分で実践してみましたが、
吃音に悩む人にお薦めしたいと思ったのは、この教材だけでした。

 

この教材の良さの中でも、

 

3. 動画がついていて、トレーニング方法が理解しやすい

 
4. 作者にメールで質問ができる。

 

を実施しているのはこの教材だけでした。

 

 

メール質問の対応は、よほど自信がない限りできない対応だと思います。
 

一番のお薦め理由は、

 

僕自身が使ってみて難発性の吃音が改善しはじめた

 

 

からです。

 

吃音に悩む方や、吃音治療をしてくれる病院を探している方は、
いま調べている方法や取り組んでいる方法を継続しつつ、
同時に、こちらの教材で心理的アプローチによる改善を一日も
早くはじめられることをおすすめいたします。 

 

私にも「苦手な言葉」がまだありますが、
最近では(2012年)自分から電話をかけるのが怖くなくなってきました。

 

以前は「●●企画室」という会社の自分の部署名すらまともに 言えなかったのに、です。

 

電話をかけるときは、深呼吸をして、教材に書かれてあることを実践するだけで、
口を大きく開けて、ゆっくり、自分から電話で、話しはじめることができるようになりました。

 

会社の電話で、自分から電話をかけ、 一度もつかえずに話しを終え受話器を置けたときは、
あまりに嬉しくて涙が出たことをよく覚えていかす。

 

さらに、もっと凄いことですが、

数百人という大勢の前で講演もできるようになりました。

 
会社の採用に関連した講演会だったのですが、
死にそうなぐらい緊張して臨んだ大舞台。
 

500人ぐらいの学生がみつめるステージで、
講演の出だしは口がうまくまわらずかなりあせり、また、どもってしまいました。

 

しかし、途中で水を飲んだり、動作をゆっくり行うなど、緊張をほぐしながら
なんとか講演を終えることができました。

 

最後に海上で拍手喝采をいただけたときは感動するぐらい嬉しかったです。

 

人前で落ちついて話せる喜び。
自分の意見に相手や多くの人々が感動していただける喜び。

 

そんなことを体験できるとは、少し前には本当に考えられないことでした。

 

吃音に苦しむ方、日々、悩まれている方。
ご家族やお子さん、
恋人など大切な人が吃音で悩んでいる方。

 

吃音で普通に話すことができないつらさや苦しさ、ご推察いたします。
よくわかります。

私もどもりや早口でずっと悩んでいましたから。

 

ただ、悩んでいても吃音は一向に改善されません。
全くよくならないのですよね。

 

私自身、吃音を治すための方法をネットでいろいろ調べては、

自分に合うのか?信じていいのか?

がわからず、 ひとりもんもんと悩んでいました。

 
何から手をつければいいのか、
何が自分にあっているのかわからない
 

のですよね。

 
一年ぐらい悩むうちに、意識を大きく変えないといけないことに気がつきました。

 

やってみないとわからないし、だめだったら次にいけばいい。
可能性がある方法をすべて試してやろう。

 

そんな気持ちというか決意でした。

それからは、病院にセラピー、カウンセリング、本と
ありとあらゆる方法で知った方法にどんどん取り組んでいきました。

 

教材だけでも相当なお金を投じました。

 

ネットでみかける教材はほとんど全て購入しました。
あまりにもひどい内容だったものもあります。

 

そんな試行錯誤の経験を通じてみえてきた吃音改善のポイントが、
以下の3つのポイントなのです。

地道に取り組まれれば必ず、あなたにも吃音を意識せずに会話を楽しめる日が
訪れるはずです。

 
諦めずに、前をむいていきましょう。

 

◆吃音克服・改善の3つのポイント

 
1. うつ病や神経症などにかかっていないかの確認
→ 精神科、神経科、心療内科

 

2. 言語聴覚士による言語トレーニング(話し方トレーニング)
→ 耳鼻咽喉科・言語聴覚士(肉体的・発語的アプローチ)

 

3. 吃音に関係してあなたが過去に受け入れた不都合な認識の解消
→ 心理的アプロー

 
※心理的アプローチのおすすめの教材はこちらです。
 
—————————————————————————–

この教材の作者の中村さんも幼い頃からひどい吃音に悩まされ、
高額教材や数十万のセミナーに参加し失敗した経験を繰り返したそうです。

 

中村さんの施行錯誤を経て完成したこの教材では、
すでに300名以上の方が難発性や連発性の吃音を克服されています。

 

内容は、その週のテーマについて解説したWEBビデオ講座と、
エクササイズが記載されたテキストを基に、1日20分程度のエクササイズと、
1週間に一度2時間程度の学習をすることになります。

 

これを合計6回、6週間にわたって実践していきます。

一つひとつの講義とエクササイズに、
あらゆるノウハウやテクニックがちりばめられているようです。

※ご興味がある方は、こちらから教材の説明を読んでみてください。

最近わかってきた 【 吃音克服に必要なポイント 】が理解できると思います。

 

何よりも、

吃音の改善に向けて、一歩を踏み出している実感が、

さらに、

あなたの吃音を解消に向かわせてくれるようです。

 

申し込み後、すぐにダウンロードしてお読みいただかます。

まずは2時間集中してテキストを読み込んでみてください。

テキストはこちらです。

タグ

このページの先頭へ