吃音・治療

吃音とは?

吃音とは?

言葉を発する際に、言葉円滑に話せない疾病のことをさします。

具体的には、

・同じ言葉を連続して発してしまう

・言葉がでなくて瞬間的にまたは一時的に無音状態が続く

言語障害の一種のような症状を示す病気で、「どもり」ともいわれます。
 

日本では、厚生労働省の「疾病、傷害及び死因分類」]が採用され、
医療機関で受診可能な「吃音症」という疾病に分類されています。

 

発症の現状

吃音は2歳前後で発生することが多く、成人の発症者は1%程度、学齢期の子供で約1.2%、5歳までの子供では約5%が吃音者とされています。
 

子供の頃は本人が吃音だと気づいていない場合が多く、また、吃音の程度やどもりやすい言葉や場面には個人差があります。

<吃音がでやすい場面>

・緊張している時
・朗読や電話の応対をする時
・「あいさつ」などの日常よく使う言葉など

以前は、「緊張するからどもる」と理解されていましたが、現在では、
「どもるから緊張する」ということがわかっています。

戦後一時期まで吃音は、精神的緊張によると理解されてきたため、治療方法も心理療法が重視されて間違った方向に進んでいました。

他の身体的障害や言語障害と同様に、吃音は嘲笑やいじめの対象になる事もあります。
その分、周囲が思う以上に本人のストレスは過大となっている場合がほとんどです。

 

症状の程度

吃音者が吃音を意識していない時などに流暢に話せることがあります。
また、吃音者はどもる言葉を巧みに避け、どもらないように見せているので、
傍からは吃音だと気付かれず深刻な悩みだと受け取られないことも多いようです。

そのため、吃音者が心で感じている苦痛ほど周囲の人間は気にしていなかったり、
楽観的に接することが多いようです。

吃音は社会生活全般に大きな影響を及ぼすため、「恥ずかしいこと」「忌むべきこと」とし、必死に隠そうとする傾向が強いと言われています

・自分の名前が言えない
・店で注文できない
・人と円滑にコミュニケーションを取れない
・挨拶が出来ない
・電話がかけられない

その為、身につける物や車種、住所、会社名等々は、
自分が「言葉が出る」「言葉が出やすい」「どもらない」状況を用意したり、
必要な物でも言えない物は購入しないあるいは、かなり回りくどい方法で購入するなど、
吃音者が吃音を隠すために費やす労力は非吃音者にとって想像し難いもののようです。
 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年8月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:吃音症の現状

このページの先頭へ