吃音・治療

吃音の原因・きっかけ

吃音になる「きっかけ」は、生活環境の影響があるとも言われていますが

全ての人に当てはまるものではありません。

生活環境とからめて両親の厳しいしつけに原因がある場合もあるようです。

吃音のきっかけとしてよくみられるのは以下とされています。

・過度なストレス(いじめ・叱られた・厳格なしつけ)


・好ましくない言語環境

  幼少期の子供は左右の言語脳の機能分化が進んでいないため、
どもりが出やすいといわれています。
それに敏感になって、自分の子供に『どもらないように話せ』などと
叱ってしまうと、叱られた子供はどもりを悪い事だと思い込み、隠そうとします。

それが、いつしか話すことへの恐怖へと変わり、条件反射付けられ、
吃音が定着してしまうことがあるようです。


・電話で言葉が出ず、いたずらと思われたり、
友人からおかしな話し方をするという目で見られたり、
授業で指名されてどもったことを注意されたり、
いじめや嘲笑の対象にされるなど、


辛い体験の蓄積や、周囲の否定的反応からも吃音は条件反射づけられてしまいます。


・吃音者をからかうなどして発声を何度も真似た経験がある。


・家族に吃音者がいる。

など。

いずれにしても、ベースには
 

「自分に対する自信の欠如」

があるようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ