吃音・治療

吃音の病院治療の誤解~病院では治る?治らない?

※こちらの記事がまだの方は先にこちらからお読みください。
 
 
吃音は基本的には医療機関で受診可能な健康保険適用の吃音症に分類されており、治療方法が何通りか提案されています。

しかし、吃音症の原因が具体的には解明されていないため、
決定的な治療法は病院においても確立されていないのが現状です。

吃音の治療では健康保険が使えない!?

病院での吃音の治療は、

・精神科

・神経科

・心療内科


・耳鼻咽喉科

などで行われていますが、耳鼻咽喉科以外は、薬剤処方の適応書に吃音症が含まれていないため、


薬剤処方をする場合は、健康保険が使えません。

しかし、薬剤処方をせず受診することは可能であり、初診料と再診料のみで診察を受けることが可能です。


その場合の治療法には以下のものがあります。

認知行動療法
精神力動的治療(精神分析など)
交流分析
カウンセリング
ロールプレイ
ゲシュタルト療法
家族療法

などが挙げられますが、どのような診療を行うのは
医師の判断や得意分野などによるようです。

いずれの治療法も、基本的に

吃音の心理的原因に注目した治療がベースとなっています。


しかしながら精神科や神経科、診療内科での治療の実態は、
うつ病や神経症を発症していないかを確認し、

・発症していれば薬物投与(保険適用外なので費用がかかります。)
・発症していない場合は、原因特定にウェイトを置いた「治療」が多いようです。

言語訓練のエキスパート、言語聴覚士

 
精神科系ではなく、耳鼻咽喉科で診察を受ける場合、言語聴覚士を配置している病院では

「話し方のトレーニング」を受けることが可能です。

健康保険も適用されます。

言語聴覚士は言語聴覚士法という法律に基づき言語聴覚療法を行える資格の一つで、医療機関、教育機関、保健福祉機関等に配置されています。

言語聴覚療法は、

音声機能、言語機能、摂食・嚥下機能(飲みこむこと)、又は聴覚に障害のある者に対し、
その機能の維持向上を図りつつ、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助をさしています。

なので、病院治療においては、

精神科、神経科、診療内科などで、うつ病や神経症などの精神疾患を
併発していないかを確認しつつ、耳鼻咽喉科をベースに言語聴覚士による発語トレーニングに取り組むことがポイントです。

吃音の病院治療については、病院で治る・治らないの議論がよくありますが、


・うつ病や神経症などの発見・治療
・言語トレーニング(言語聴覚士がいる場合)


を行うことが可能なのです。

次の記事に続きます。→ 吃音・どもりの治療・改善の心理的アプローチ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ