吃音・治療

吃音は改善できます。

「子供の吃音は治るけど、大人の吃音は治らない」

吃音に苦しむ人であれば一度や二度はきいたことがあることだと思います。

でも、本当に大人の吃音は治らないのでしょうか?

 

私自身、中学ぐらいの頃からいわゆる「難発性」の吃音を発症しました。

難発性というのは、最初の言葉が出せない吃音です。

電話や受付なので自分から声をかける第一声がなかなか出せないというものです。

大学に進学し、吃音を持つ人が苦しむ就職活動でなんとか内定をもらいましたが、

就職したのは、プレゼンテーションが多い業界。

入社するのが楽しみでありながら、それ以上に恐怖を感じていました。

 

入社式では、答辞を読むはめになってしまい、

多少早口ながらなんとか答辞を読みきった覚えがあります。

自身の体験では、就職活動の

「では、自己紹介してください。」

というきまりきった恐怖の質問に対して

相当の準備をする中で、吃音症状が和らいだ気がします。

 

しかし、入社後、「あ行ではじまる部署」に異動になったとたん、

電話での第一声がなかなかでなくなってしまいました。

難発性の吃音の再発です。

 

それから、いろいろな対策に取り組むなかで

なんとか、吃音がおさまっている状態です。

 

就職活動をする後輩に、連発性の吃音がひどい男子学生がいます。

が、彼にもいろいろなアドバイスをする中で、先日、初めて面接を通過したと

連絡をもらいました。

 

大人の吃音だって改善できます。

 

そのために大切なことはたったひとつ。

 

自分にあった改善策を見つけること。

 

病院治療、セラピー、様々な吃音対策教材、本など、いろいろな対処法が

ありますが、全ての吃音に効果的な特効薬的な改善策はない気がします。

 

みなさんひとりひとりが、自分にあった吃音改善策をみつけられるように、

そのための情報を発信していきたいと思います。

あきらめずに、前をみて、トライしていきましょう。

 

楽しく、自信をもってコミュニケーションできる自分を思い描いて。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年8月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ